看護師になるまでの道のり

医療現場や介護施設などで働く看護師には、准看護師と正看護師の2つがあります。

 

まず正看護師ですが、高校か中等教育を卒業してから3年過程の看護師養成所や看護短期大学か4年生の看護大学をまず卒業していかないといけません。さらに卒業すると看護師の国家試験を受けることが可能になって、年1回を毎年2月ごろ実施で厚生労働省が行うものです。

 

学校で学ぶのは、医学や看護学とともに実習を受けたりして、定期的な試験やレポートの提出が必要です。

 

まず学ぶ学課は、基礎的な化学やドイツ語・英語さらには、体操や音楽もあって、専門的には薬理学や生理学さらに解剖学など多くの学科があって、意見では合格点に達しないと追試を受けなければいかなかったり、レポートの提出もあります。そして看護とは病人を扱う仕事ですので、心構えとしての相手の身になって考えられるように精神的な部分も必要です。

 

次に准看護師ですが、高校か中等教育学校を卒業後に2年間の看護師養成所か看護短期大学を卒業して、都道府県の試験に合格すると資格を得られます。