チームナーシングとは?

チームナーシングとは、看護をする方法の一つで、1つの病棟を複数のチームに分けて、各チームチームリーダーの元、そのチーム単位で一定の患者を担当することで、患者が受けられる看護レベルを一定にできるのです。

 

それぞれのチームにはベテラン・中堅・新人といったような様々な経験を持った看護師が配置され、看護師一人ずつでは経験や知識の差が出てしまうのを補う事ができるのです。

 

それぞれに協調性が強まり、看護の意識を高めることで個々のレベルアップも期待することができます。ただし、看護を受ける患者にとっては担当の看護師が分かりづらいというメリットもあります。また、チームを任せられるリーダーには非常に高い能力と判断力が必要で、背負う責任の割合も高くなってきます。

 

チームで担当するチームナーシングとは別に、個別に患者を担当するプライマリーナーシングや、チームナーシングとプライマリーナーシングの中間に位置するモジュールナーシングがあります。現在の日本では、チームの大きさが小さく少ない看護師にも対応できるモジュールナーシングが主流となっています。